トップページ・レザージャケットのハルフ ショップレビュー・レザージャケットのハルフ 会社概要・レザージャケットのハルフ 返品交換・レザージャケットのハルフ 買い物カゴ・レザージャケットのハルフ 会員ログイン・レザージャケットのハルフ

 

革の豆知識

ハルフレザーの製品に使用されている革の素材・種類などの豆知識

革の基礎知識&素材

革の知識

色々な革の種類について

革(レザー)には原材料の種類からなめし方、仕上げの方法などで数多くの種類があります。
それぞれ独特の表情をもっていますので、あなたのスタイルに合ったレザーをセレクトしてください。


cowskin

Cow Skin(カウスキン)牛革

丈夫で用途が広いのでバッグからウェアまで幅広く使われています。

ゴートスキン

Goat Skin(ゴートスキン)山羊革

羊革の柔らかさがありながら、丈夫なのが山羊革。
製品染などによく使われます。

ホーススキン

Horse Skin(ホーススキン)馬革

コードバンなどに代表される高級素材。
ライダースやフライトジャケットは馬革がオリジナル。

ラムスキン

Lamb Skin(ラムスキン)羊革

軽く柔らかな素材なので、とても着やすく
表面も美しいのが羊革の特徴

バッファロー

Buffalo Skin(バッファロースキン)水牛革

牛革より少しハリ感があり、シボもある。
丈夫で硬いが独特の風合いがある。

ピッグスキン

Pig Skin(ピッグスキン)豚革

スエードからナッパ(普通のレザーの表面)まで幅広く使われている。
比較的安価だが、最近の技術向上で軽くて良いものが出来ている。

ムートン

Moutton(ムートン)羊毛皮

羊の毛が付いたまま加工を施したものがムートン。
とても加工に手間がかかる高級素材。
普通、ジャケットの内側が毛の部分になるように仕立てるので、とっても暖かいのが特徴。


加工種類

ここでは、革の仕上げ方法(加工種類)を紹介します。

ナッパ加工

ナッパ加工

表革のベーシックタイプです。
革の表面がつるつるしたキレイな表情。

アンティーク

アンティーク加工

わざと着古したように加工したもの。
着込むほどに表情が変わっていい味が出ます。

オイル

オイル加工

革にオイルを入れてしっとりとさせたもの。
オイルの効果で色ムラが出るのが特徴で、古着のように見えます。

プルアップ

プルアップ加工

革にオイルを含ませた革で色に奥行きがあるのが特徴。
革を揉むと色が変わりますが時間の経過で元に戻ります。
色感が素晴らしいのでHarufではよく使用する加工方法です。

製品染め

製品染め

製品にしてから染める技法で、アンティークな古着感覚なものです。
とても手間のかかる技法ですが、色ムラ、キズが目立ちます。
色ムラ、自然に出来たキズがこの商品の良さです。

ウォッシュ加工

ウォッシュ加工

製品にしてから水洗いを施したもの。
適度のしわ感やジッパーのたるみなどが魅力になる加工です。

ストーンウォッシュ

ストーンウォッシュ加工

文字通り、軽石と一緒に大きなドラムで製品を廻します。
石により製品にキズが出来て、よい風合いになります。




CATEGORIES LIST
 
MEN'S OUTER
ライダースジャケット
ベスト&
テーラードジャケット
ビンテージレザー
ミリタリージャケット
ダウンジャケット
レザーコート
バイカーズセレクション
 
 
LADIES OUTER
レディース
レザージャケット
 
OUTLET
訳あり・アウトレット
 
ACCESSORIES
レザーバッグ・小物
革サイフ・ウォレット
レザーアクセサリー
レザーベルト
レザー手袋
レザーブックカバー
イタリア製
 
MAINTENANCE
手入れグッズ
 
偽サイトに注意


 

新着情報


Harufオリジナルレザーブックカバー
レザーブックカバー
 
ホースハイドウォレット
コードバンウォレット
 
イタリア製レザーベルト
イタリア製レザーベルト
 
レザーの基礎知識
レザーの基礎知識
 
レザージャケットの手入れ方法
日頃のレザージャケットの
手入れグッズはこちら
 
アフターケア、レザージャケットの手入れ
レザージャケットのアフター
ケア&保管方法
 
よくある質問
よくある質問・Q&A
 
修理・お直し
修理相談窓口

新宿マルイ メン
有楽町マルイ

 
 
メールマガジン登録
お得なセール情報・新作入荷
情報などをいち早くお届け
致します。メルマガ会員のみ
のプレゼントキャンペーンも
あります。


 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ